週1日、数万円から。
エンジニア、デザイナー
がすぐに見つかります。

ワーカープランは今秋公開予定です!

月々数万円から予算に合わせて組み立て

必要なリソースにあわせて月数万円からエンジニアやデザイナーと月契約できます。
たとえば最初は予算が少ない時にエンジニアを週1日契約。
予算が増えてきたら日数を増やす、人員を増やす、といった柔軟な計画も可能です。

即戦力なIT人材が
すぐにみつかる

週3日、月に40時間まで、など自分の状況にあわせた時間・料金でプランをつくることができます。

低予算でも契約できる

正社員を採用できるほど予算がない。でもリソースは欲しい...そんなニーズに最適です。月数万円から人材を確保することができます。

社内リソースが足りないときに

「急遽大型案件が決まったので人員がほしい」「起業したもののつくってくれる人がなかなか見つからない」そんな時にすぐにさがして契約できます。

例えばシステム開発の場合

一括請負の受託開発に比べるとこんなメリットがあります。

仕様がないところからスタートできる

要件定義をして仕様を固めて見積もりをとるのが一括請負ですが、新しいシステムの仕様を事前にすべて固めるのは困難です。見積もりを出す方も見えないリスクを上乗せするため、高くなりがちでした。

ワーカープランでは月契約なので、見積もりは関係ありません。そのため仕様を一緒に決めるところからはじめられます。そして小さくつくりながら、機能を継ぎ足していくという無駄のない開発が可能です。

初期コストを抑えられる

数百万円かかるようなシステムの場合、着手時に半金入金するケースが多く初期コストがかかります。しかし、ワーカープランでは月契約なので初期コストを抑えられるほか、開発したものをみながら柔軟につくっていくことができます。

Q&A

QNDA(秘密保持契約)はどうなっていますか?
MENTAの中でNDAの契約がおこなえます。MENTAと各ユーザーが締結するもので、ワーカーとクライアントとの契約に適用されます。NDAを取り交わしているかどうかはプランの画面で確認できます。
Qなぜ安く提供できるの?
ひと月にフルでコミットするわけではなく、ワーカーが月40時間稼働といったように、時間を決めてプランをつくっています。また、リモートワークなため移動時間のコストもかかりません。

週5日フルでエンジニアを抱えれば高コストですが、関わる時間が半分なら費用も半分です。また、雇用契約ではないため、保険や福利厚生費が必要ありません。
Qどんな職種のワーカーがいますか?
エンジニア、デザイナー、カメラマン、ライター、ディレクター、オンラインアシスタント…などスキルをもったクリエイター系の職種の方が登録しています。
Q社内にきて働いてもらえますか?
ワーカーが了承すればOKですが、リモートワークが基本です。リモートワークにすることで出勤にかかる時間のコストを抑えています。

契約と仕事のながれ

ワーカーがプランを作成
MENTAでワーカーとクライアントが契約
契約スタート

タスクはクライアントが全て決めるのか、もしくは打ち合わせで一緒に決めるというスタイルなどお互いに取り決めます。

ワーカープランは僕が実際にはじめたプランでした

MENTAを開発しております入江ともうします。
僕はMENTAを作る前はフリーランスとして受託開発をおこなっていました。
そうして受託開発に10年以上携わる中で、いくつかの問題点が気になりだします。

まず、先に仕様を決めて見積をとらなきゃいけないということ。仕様が決まらないことには工数がだせず見積がだせないからです。しかし、おおきなシステムになるほど最初から仕様を決めていくことは困難なため、ある程度ざっくりとした仕様にしておいて見えないリスクは上乗せして見積もる必要がありました。

受注後してからも途中で仕様を変更しようとすると追加見積が発生します。しかし、実際にはつくって動作を見てもらいながら、やっぱりこうした方がいいとか、改善案がでてくるものです。そう考えると最初に仕様を決めるより、ある程度ざっくり決めて小さくつくって動きをみながら柔軟に開発していく方がいいものができあがります。

最後に納品です。通常納品後は手を離れ、なにかあったときに都度見積となります。しかし、システムは稼働してからアイデアがでてくるものです。実際に使い始める中で改善案がでてくるものなので、本来、納品後も継続して開発をしていくべきだと考えました。

そうして生まれたのが顧問エンジニア契約でした。月契約にすることで、初期コストを抑えられ、仕様を決めずにスタートでき、途中での仕様変更も柔軟に対応できます。完成後も継続してアップデートできるほか、そのままシステム保守も兼ねることができます。

またフリーランスからしても、月契約の方が不安定さをカバーできるので安心です。仕事がある月とない月の不安定さがなくなるため、決まった仕事があるというのは精神的にも助けになりました。

このようにクライアントにも開発側にもメリットのある月契約を続けてきました。このワーカープランは僕の原体験をもとに生まれたプランです。ぜひ、スキルをもった多くのワーカーさんにプランをつくっていただけると嬉しく思います。

MENTA開発者 入江慎吾