竹田明弘

1日前

募集をシェアしてメンターを探そう
シェア

※ この募集は締め切られました。

プログラミング Python

エクセルの「条件付き書式」設定をパイソンで行いたい

2022年12月27日
単発
予算
10,000円
提案数
4人が提案中
応募期限
終了

【教えてもらいたいこと】
プログラミング/AI・機械学習 Python

【利用目的】
技術的な質問・相談

【具体的な相談内容】
●エクセルで作ったある数字データに対してエクセルの書式ー条件付き書式で、数字の値に対して、色分けすることできます。
(そのデータが高いか、低いかが色でパッと直観的に理解できる)
それをパイソンで、行いたいです。

●それまで、パイソンで、作ったデータフレームに対して
四分位数に分けて、以下のようにパイソンプログラムを作っていました。
m1=df_t.loc[0:8,'目標達成率(%)'].quantile(q=[0.0, 0.25, 0.5, 0.75, 1.0])
#結果を色で識別する
def color_background_lightgreen(val):
color = 'deepskyblue' if val > m1[0.75] else ( 'lightskyblue' if val <= m1[0.75] and val > m1[0.5] else ('lavender' if val <= m1[0.5] and val > m1[0.25] else ('plum'if val <=m1[0.25] and val>=m1[0.0] else '' ))) #1より大なら薄緑、0.75~1なら水色、0.75以下は赤
return 'background-color: %s' % color
dft_style = df_t.style.applymap(color_background_lightgreen, subset=['目標達成率(%)'])

ただ、社内では数字に対する色の識別は、もっと手軽に、エクセルを使って、書式ー条件付き書式で、色分けする仕組みを使っており、それに合わせないといけません。

エクセルで行う【書式ー条件付き書式で、色分けする仕組み】を
パイソンで行いたいです。

【希望相談スタイル】
技術的な質問・相談

【目安予算】
10000円

竹田明弘

1日前

募集をシェアしてメンターを探そう
シェア