ユーザー登録で「300円クーポン」プレゼント!まずは無料登録から!
募集をシェアしてメンターを探そう
シェア
エンジニア Auth0

Auth0のカスタマイズ方法について

6月25日
予算
7,000円 〜 15,000円
提案数
提案待ち

現在SI系企業で3年ほどエンジニアとして開発を担当しておりますが、
この度転職を考えるに至りまして、ポートフォリオの制作のサポートをしていただけるエンジニアの方を探しております。

一通りポートフォリオの開発は完了しておりますが、認証基盤サービスにAuth0を利用しており、いくつか設定の仕方がわからず、アドバイスをいただけたらと思っております。

【現在の構成】

[フロントエンド]
・React
・Typescript

[バックエンド]
・rails

[認証]
・Auth0(jwtを使用したトークン認証。rails側で検証。現在はフロントエンドでローカルストレージに保存)

【現在の状況】
認証用のライブラリにlockを使用しており、クライアントIDやドメインの設定なども完了し、ログインなども問題なく行えます。

【アドバイスいただきたい点】
・universal loginを使用しておりますが、New Universal Login Experienceではなく、Classic ExperienceになってしまうのでNew Universal Login Experienceに変更したい。(ログインタブのCustomize Login Pageを無効にしても変更できませんでした。)

・ログイン時、universal login画面のタイトルにAuth0と出てしまうため、変更したい

・developmentモードとproductionモードの違いについて

・メール認証有効時のメッセージの日本語化

よろしければ、optionやダッシュボードの設定などに関してできる範囲でアドバイスいただけますと幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

メンティーに提案してみましょう
募集をシェアしてメンターを探そう
シェア