私はこれまで安定した職には就いていたものの、毎日を漫然と生きており、「このままでいいのだろうか…」と自分の人生に疑問を感じていました。

そんな時に尊敬する先輩であったゆうとさんがコーチングをしておられるという情報を聞きつけ、申し込むことにしました。
コーチングでは、より深く自身の課題を掘り下げていくことができます。私自身コーチングを受ける前は、長い人生の中で何を成し遂げたいのかが具現化できず、毎日をもんもんと生きていました。

しかし、コーチングを受けていく中で、今まで考えもしなかった角度から意見をもらうことができ、自分が歩むべき人生の道筋が見えてきたように感じています。

また、私はコーチングのおかげで、前々から身につけたいと思っていたスキルを高めるための行動を少しずつ取れるようになりました。自分の人生におけるゴールが見えても、それに向けた行動を取ることは容易ではありません。私も今度こそはと決意し目標を立てては、長続きせず「もういいや…」と自暴自棄になることが少なくありませんでした。

コーチングでは、どうしてその行動を取ることが重要なのかをコーチと共に考え、そのための具体的な行動を落とし込んでいくことができます。そして、クライエントが望めば、その都度進捗をコーチに報告し、フィードバックをもらうこともできます。私は、このサポートのおかげで、少しずつ望ましい行動が取れるようになってきたと実感しています。

私は20代も半ばにさしかかり、自分の人生について真剣に考えなければならない年になりました。コーチングを受けていなければ、自分の人生における舵を取る事ができず、大海原に1人流木のように漂うばかりであったと思います。

自分の人生は、自分で舵を切る。コーチングではそのためのヒントが得られたような気がしています。少しの勇気が人生を大きく変えることとなるでしょう。コーチングを受けるクライエントの1人として、あなたのことを応援しています。ともに頑張りましょう。