ここ最近、オンラインミーティングのツールが広まった影響か、コーチングに関するサービスを目にすることが多くなりました。

そんな中、知人のゆうとさんから「コーチングの練習相手に付き合ってくれない?」と話をもらい、せっかくなので今後のキャリアについてコーチングしてもらうことにしました。

実際にコーチングを受けてみた感想を言うと、知り合いだからというお世辞を抜きにして、「受けて本当に良かったな……」と素直に思っています。

今抱えている悩みの根本的な原因を突き止めることができましたし、コーチングを終えた今は、期末テストのテスト範囲を配られた時のように、やるべきことがハッキリと明確になりました。

そんなコーチングですが、まだ一度も受けたことがない人には、少しハードルが高いサービスに見えてしまうと思います。

価値が形として見えにくいサービスのため、僕もゆうとさんから誘いを受けなければ、一生使うことが無かったかもしれません。

なので、ここでは実際に僕がゆうとさんから受けたコーチングの内容と感想をまとめながら、「コーチングを受けることで得られる価値」を伝えられたらと思います。

コーチングを試してみたいと迷っている人の後押しになれば幸いです。

はじめに|コーチングでどんな悩みを相談したのか

はじめに、簡単に自己紹介とコーチングを受けたきっかけについて。

僕は東京のWebマーケティングの会社で働いている24歳で、社員数名のベンチャー企業に勤めています。

社員が少ないため、24歳で業務委託20名ほどの全体マネジメントを行う立場になったのですが、この点について、自分自身で葛藤がありました。

自分としては、プレイヤーとして動いていきたいし、まずはプレイヤーとしての経験を積まないと、自分では何もできないマネージャーになってしまうのではないか?という不安がありました。

一方で、マネジメントが大切なことも理解していたため、「自分がこれからどういうキャリアを歩んでいけば良いのか」に悩んでいました。

そんな中、ゆうとさんにコーチングをしてもらえる機会をいただけたので、相談させてもらうことにしました。

コーチングセッションの具体的な内容

コーチングはzoomで90分間行われました。

はじめにテーマと終了後の理想の状態を決めて、それから現在抱えている問題点や解決方法を見つけていきます。

最初はちょっとした雑談を挟んでからコーチングに移ってもらえるため、緊張感なく進められました。

【90分間のセッションの大まかな内容】
・雑談
・今回相談する内容を決める
・終わった後にどんな状態になっていたいかを考える
・現状の悩みを整理したり、悩みの本質を見つけていく
・今後の予定と次のアクションを決める

僕の場合、テーマは「今後のキャリアの方針」に設定させてもらい、様々な質問を投げかけてもらいながら、悩みを深掘りしていただきました。

具体的には、「自分はどうしていきたいと思っているか?」「5年後の自分だったらどのようにアドバイスするか?」など、角度を変えながら質問をしてもらうことで、自分の頭の中のモヤモヤを少しずつ言語化していけました。

なお、個人的に意外だったのは、コーチからは「問いを投げられるだけ」だったこと。

最初のコーチングのイメージは、コーチに悩みの解決方法を教えてもらうものだと思っていましたが、実際は違いました。

コーチは相手を誘導することはせず、問いを投げかけるだけ。あくまでも、気づきを与えることで導いていくれるため、自分自身で悩みの原因や解決方法を言語化できたのが、個人的にとても納得感があり、快感でした。

2ヶ月間の悩みが90分で解決した

今回のセッションを振り返って特に良かったと感じているのは、「考えることから逃げていたこと」と強制的に向き合えたことでした。

たとえば「今の働き方を続けるべきか?」といった問いは、普段考えることはあっても、答えを出すことから逃げてしまいがちな問題です。

難しい問題に対して答えを出すのはしんどい作業だし、解決方法まで考えるとなると気が遠くなり、どうしても後回しにしてしまうのが自分の弱いところでした。

そんな「自分一人では考えられない問い」と、正面から向き合える時間を取れたのは、コーチングの最大の価値だったのではないかと感じています。

実際、僕は「働き方を変えるか、今のまま進めていくか?」みたいな問いに、2ヶ月近くグダグダと悩み続けていたように思います。

コーチングがなければ、その後も答えを出すことから逃げていたかもしれません。しかし、コーチングの機会をいただけたことで、逃げずに考えをまとめることができたのは、大きな収穫でした。

自分の強みを知れるのもコーチングの良さかも

もう一点、自分の強みや長所も発見できたのも、今回コーチングを受けて良かったポイントでした。

コーチングの最後には、ゆうとさんから「こんな発言が多かったところを見ると、こんな強みがあると思う」という話もいただけて、個人的にはそれが目から鱗でした。

自分の強みは、診断ツールなどで調べてみてもイマイチ釈然としないものです。ちょっとした回答の違いで強みがコロコロ変わってしまうのを見ると、どうしても納得感が薄くなってしまいます。

一方で、自分の過去の行動や成果から強みを考えてみたとしても、「都合よく強みと捉えているだけでは?」という自信の無い気持ちが生まれてしまいます。

それに対して、たくさんの人をコーチングしてきたゆうとさんから強みを伝えてもらえたのは、大きな自信につながったし、自分を見つめ直す良いきかっけになりました。

話は逸れますが、就活や転職を考えている人は、当然ながら自分の強みを明確に把握しておく必要があります。その点を考えると、コーチングは絶対に受けておいた方がいいだろうなぁ……と思いました。

最後に

コーチングはサービスによっては、月に2~3万円するものもあります。

コーチングを受ける前の自分は、正直なところ「ボッタクリでしょ……」と思っていましたが、コーチング後は、その考えも180度変わりました。

コーチから適切に問いをもらい、考えることから逃げていた悩みに対して答えを出せれば、それこそ数ヶ月間の悩みが1回のセッションで解決することもあります。

そうなれば、たとえ数万円払ったとしても、有り余る程の価値があるのではないでしょうか。

僕はゆうとさんに無料お試しセッションを受けさせていただきましたが、今後は有料で、定期的にコーチングを依頼させていただくつもりです。

自分一人で悩んでいる時間はもったいないので、今後もゆうとさんにサポートしてもらいながら、常に視界をクリアにして毎日を過ごしていきたいと思っています。