SNSで少し前にProgateを何周もするなという話が流行りました。

じゃあ何をとなると何かを作りましょうという事になります。
個人開発をしましょう、その実績を活かしましょうということですね。

ただ、何かを作るというのはそれなりに困難があります。

ニーズ調査や技術的に可能であるかという事もありますし
やはり企画が膨らみすぎて何も完成しないという場合も多いです。
この場合、使った時間は実績を作るという意味では完全に無駄になります。

そこで一案として、プログラミングコンテストに参加してみるのはどうでしょうか。
コンテンストであれば、問題に取り組む形でプログラミングスキルを伸ばせますし
何かを作る、何を?というプログラミングそのものとは違うスキルに取り組む必要がなくなります。

日本語で参加できるコンテストにAtCoderというものがあるようです。

個人開発より良い点としてAtCoderではコンテストの成績が数値化されるので
実績を無駄が少なく直接残していくことができます。

Progate周回より良い点としてAtCoderJobsという、AtCoderのスコアをもとに企業への応募ができる仕組みがあるのでスコアを活かす方法が用意されています。

AtCoderには、過去問と常設中のコンテスト、リアルタイムで開催される予定されたコンテストがあります。

さっそくトップページ右上の新規登録から会員登録してみましょう。
https://atcoder.jp/

そうしたら、次はチュートリアルに取り組んでみましょう。
トップページの チュートリアル > 練習ページ から挑戦できます。

image

このような問題が出題されます。

image

Progateみたいに、こんな感じのコードを試せる場所があります。
そこでコードを書いて提出します。
※ 言語は色々選べます!

提出すると採点が行われ...

image

こんな感じで結果がでます。
WAが間違いで、ACが正解みたいですね。
※ うっかり改行を入れ忘れて間違えました...

ここまでで一旦、お試しは完了です。
もしこの案が気に入ったら常設中のコンテストに挑戦するのも良いかなと思います。

AtCoder Programming Guide for beginners (APG4b)
https://atcoder.jp/contests/APG4b

AtCoder Beginners Selection
https://atcoder.jp/contests/abs

AtCoderJobsなどに使えるAdCoderのスコアはリアルタイムのプログラミングコンテストで変動があるようです。
※ サイトには土曜or日曜午後9時に開催されることが多いと書いてありました