image

1.PMは正しい判断をする事が重要ですね

PMという職業はプロジェクトのトップに位置する事から、経営者と同様、様々な局面で判断を下す必要があります。

判断を行う際、間違った判断はできるだけしたくないですよね!

間違った判断は時に混乱を招き、度重なる判断の変更は現場の混乱やPMに対する信頼の喪失にもつながります。

(もちろん若干の変更は許されますし、間違っていたと気づいたら早急に変更したほうが良いので、判断を変更しないのが是という事ではありません。)

したがって、PMは出来るだけ正しい判断を、都度、していく必要があるのです。

2.正しい判断をするために必要な3つのポイント

それでは、PMはどのような物差しに基づいて判断をすれば、正しい判断ができるのでしょうか?

私は以下の3つのポイントに基づいて、常に判断をするように心がけています。

(1)客観的な事実に基づき判断する

間違った事実からは、誤った判断が生まれます。

部下やメンバーの相談、顧客からのクレームなどには時に主観が含まれており、当人だけの話では正しい判断ができない事が多々あります。

したがって、私は、いろいろな人に追加で話を聞いたり、現物を見て確認をした上で判断をするようにしています。

(2)ロジックに基づいて判断する

判断をする時には、感情やその場の空気に流されずに、ロジックに基づいて判断するようにしています。

そうしたほうが、自分だけでなく、周りを説得する際にも合意を得やすいからです。

(3)プロジェクトの目的にてらして判断する

プロジェクトには目的と目標があるはずです。それを著しく逸脱した判断=すなわちプロジェクトの失敗に直結します。

したがって、私は常にプロジェクトの目的や目標に照らして、判断をするようにしています。

今回はここまでとしたいと思います。

※プロジェクトマネジメントでお悩みの方にMENTAでもサービスをご提供しております。お気軽にご相談ください。