image

現在のデザイン制作に関してはAdobeのグラフィックソフト、
「Illustrator」「Photoshop」等を用いてデザインを制作することが主ですが

これらグラフィックソフトにも「能力認定資格試験」というものが存在します。

資格を取らなくともソフト自体は我流でそれなりの習得は可能ですが、

これらの公式資格を取得することによって
「グラフィックソフトの基本的な操作ができる」
「作業指示書に基づいた制作ができる」
「DTPやWEBデザインに関する基本的な知識がある」ということを
明確に証明することができます。

このような資格は履歴書にも書けますし
就職活動の際にも特技としてより強くアピールすることが可能となります。

デザイン関連・クリエイター関連だけではなく、
広告や出版業界に関わる人も身につけておいて損はありません。

私は芸大&専門学校の現役講師としてグラフィックデザインを教えながら、
Adobeソフトの資格試験に関する授業や試験管理人も担当しております。

ですのでもしこういった資格試験に興味がある人や、
より正しいソフトの知識や使い方を学びたい人などに向けて
相談が可能なプランなどもありますのでお気軽にご質問ください!

事務所サイト
Twitter