プログラム言語は1つではない

プログラミングの学習がなかなかうまくいかなかったり、思ったように学習が進まなくて、「自分はセンスがない」とか「自分には無理だ」とか思ったりしていませんか?

世の中にプログラム言語は何千何万と存在しています。
その中のたった一つ学習しただけで諦めてしまうのはもったいないです。

もしかしたら学習した言語が自分に合わなかっただけで、心から楽しめる言語、自分のやりたいことが楽に実現できる言語が他に存在している可能性は十分にあります。

自分一人で悩まない

始めてプログラムに取り組んだ方は、自分のやりことにどの言語が適しているのか、どの言語を学習するのが良いのかを判断するのは難しいですよね。

もしかしたら選択する言語はあっていたけど、学習する順番が間違っているために理解を困難にしている可能性もあります。

そんなときにはMENTAやスクールを有効活用するのが良いです。
やはり独学していると余計なところで悩んで無駄に時間がかかってしまったり、そもそも学習方法が誤ってしまっているかもしれません。プロに相談して、効率良く学習を進めましょう。

とりあえず楽しみましょう

挫折してしまう方は真面目で、学習を難しく考え過ぎていると感じます。
プログラミングはゲーム感覚で少しずつできることを増やしてしけば良いのです。
学習で使用しているテキストの内容を全て覚えなくても、アプリケーションを作ることは可能です。まずは作って見て、もっと楽に作る方法はないのか調べながらステップアップしていきましょう。