【自走力が必要】メンターとしての役割は解決より解決方法を教えること

今回は上記のテーマです。

プログラミングにおいて大切な能力としてあげられる一つの能力がこの自走力です。
漢字を見ての通り自分で走る力と書くのでニュアンス的には自分でやりきる力と言ったところで大丈夫だと思います。
**今回のとうrこうは

この投稿はこんな方におすすめです

  • 質問の仕方が分からない
  • インプットはしてるのに何も作れる気がしない
  • コピペでしか作れないけどそれでいいの?・・・

質問の仕方が分からない

まず多くのパターンとしてはこれが多いかなと思います。
なのでテンプレートを使用しましょう。(テンプレートは投稿の最後に記載します。)
他のメンター様にご質問する際に使ってみて下さい。
質問するときに大事なこととしてはたった1つ。

箇条書きで簡潔に

これだけです。
メンターをやってて思うのは文章で質問してくる方が結構います。文章が悪いわけではないのですが、文章だといらない情報を付けがちになってしまい、質問されても何が分からないのかが分からないということになります。
なので、箇条書きで簡潔に
これを意識してみてください。

インプットはしてるのに何も作れる気がしない

少し厳しいことかもしれませんがインプットをずっとしていても何も作れるようにはなりません。
例えば、ずっと食事をするだけじゃ料理ってできるようにならないですよね?
まずは食べてみて味を思い出しながら、調味料という自分の中の情報を組み合わせていって最終的に料理になります。
これを繰り返すことでだんだん「前はこれで失敗したよな」とか「今回はこんなふうにやってみよう」などと言う風にアウトプットする情報の精度が上がってきます。
するとどんどん自分で作れるようになってきます。
最初は難しく感じますが、その先にしかアウトプットはないので頑張りましょう!

コピペでしか作れないけどそれでいいの?・・・

コピペで作れるなら大したものだと僕は思います。
まずコピペで作れると言う事は以下のことができると言うことです。
✅ 他人が書いたコードを読める
✅ 自分の書いたコードで動くように適宜修正することができる
✅ 自分の書いたコードをしっかり理解している

これら3つのことができるからコピペで作れているのです。
これはちゃんとスキルがついている状態なので、自信を持ってアウトプットしてください!

まとめ

自走力をつけるには質問の仕方やアウトプットなどがすごく大事になってきます。
これらの事は全てプランの中でも教えている事なので、受講生の方はメキメキと実力を上げていっています。
ご興味があればお話しや簡単なご質問でも結構ですのでメッセージをください。

質問テンプレート

  • 理想の状態
  • 起きていること(起きたこと)
  • 試したこと
  • 参考にした記事

これらをテンプレートとして質問してみましょう。
場合によっては言語やFWのversionも記載するとより正確な回答が得られるかと思います。