学習を継続するには何が必要か。

僕は独学で未経験からエンジニアになりました。
そして今、その時の経験と培ったスキルでMENTAをやっております。
そこで気づいた「学習を継続するには何が必要か」について書きます。

以下の構成となっております。

- 【結論】習慣にするしかない
- 学習とは何か・学習するには何が必要か
- 継続とは何か・継続するには何が必要か
- 【まとめ】学習を継続するには何が必要か

【結論】習慣にするしかない

結論から言います。
学習は習慣化するのが一番手っ取り早いです。

例えば、毎日22時から30分椅子に座ってPCを開くだったり、30分早く起きて学習するなどです。
もちろん習慣化なので毎日行うようにするのが一番いいです。

一番やっちゃダメなのが、昨日は8時間やったから今日はやらなくていいとサボってしまうことです。
これでは習慣化はできません。
そして、習慣化するにあたり具体的な習慣を設定しましょう。

毎日30分学習!ではなく、22時からPCを開き30分progateをやる!など具体的に設定しましょう。
これで習慣化のハードルは下がるはずです。
毎日少しでいいのでやり切るようにしましょう。

学習とは何か・学習するには何が必要か

さて、学習とは何を指すのか。
僕は、学習とは自ら学ぼうとする意思だと考えています。

たまに「教えてください!」とか「言われたことをきっちりやり切ります」と言う方がいます。
もちろん、わからない所は素直に教えを乞うことも、出された課題をきっちりやり切ることも大切です。

ですが、そこに+α「自ら学ぼうとする意思」があれば倍速で伸びていきます。

調べてくださいと言われる前に調べる。
気になったことは自ら聞いてみる。

主体的になって行動すれば自ずと結果はついてきます。

では、学習するには何が必要か。
それは、好奇心だと思います。

好奇心が「自ら学ぼうとする意思」を動かし学習へと導く。
これに尽きると思います。

継続とは何か・継続するには何が必要か

継続とは何を指すのか。
極端ですが、土曜日はかならず8時間学習すると言うのを、一年やれてたらそれはもう継続ですよね。
なので、継続の定義は「自分で決めた期限通りに実行する」と言うことだと考えています。

では、なぜ多くの人が「継続」できないのか。
それは、プログラミングが難しいからとか意思が弱いからとかではなく、単純に自分自身に絶望してしまうから、続けた先の未来が見えないからだと思っています。

正直なところ、時間をかければプログラミングはできるようになります。エラーにもぶつかりますが試行錯誤して行けばなんとかできるようになります。

でも、ここで諦めてしまう人は「こんなに詰まる自分って向いてないんじゃ・・・」とか「これを続けてどうなるんだろう」と言う考えになって諦めてしまうパターンがほとんどだと思います。

なので、継続とは「自分で決めた期限通りに実行する」することであり、継続するには自分や未来に絶望しないことだと考えています。

【まとめ】学習を継続するには何が必要か

まず結論で申し上げた通り習慣化することです。
これはもう本人の意思でしか制御できません。

ですが、学習と継続については僕たちメンターが協力できる部分なのです。
例えば、学習であれば質問しやすい雰囲気を作ることで主体的に動けるような環境を作りやすくできます。また、わかりやすく教えることで、概念が理解でき好奇心がわきやすくなります。

継続に関してもそうです。
エラー解決はもちろんなのですが、「この勉強方法でこのような道筋を辿り目的を達成しましょう」と具体的な提案で未来を想像しやすくし、つまずきからくる絶望はほとんどなくせると思っております。

主体的であればあるほど花は開くはずです。
学習も継続も一人では無理なら是非僕たちを頼ってください。