新サービスLinRinをVCの方に壁打ちしてもらいました。

結果から言うと惨敗です。

そもそもレッドオーシャン

LinRinは今のところクチコミサービスとして開発しています。
ですが、クチコミサービスって世の中にめちゃくちゃ多いんですね。

「その中でなぜわざわざクチコミサービスなのか」と問われました。

僕個人の印象としては今のクチコミサービスにあまり良い印象がないのです。
例えば運営に支払う金額によって掲載順位が変わったり、影響力を持った人が飲食店から金銭をもらって評価するなどが横行しているように思います。

つまりクチコミサービスは信頼が命なのに信頼できないんです。
でもそれを信じるしかないんです。でも嘘の情報なのでお店選びに失敗する。

そこで失敗しないお店選びができるサービスを作りたいと思いLinRinを立ち上げました

失敗の定義って何よ

ここが甘かったです。

失敗という定義が広すぎるんです。

お店の味が美味しかっても空調が寒すぎるとユーザーにとっては失敗だし、お店の味も美味しくて店内の雰囲気も最高だったとしても接客がイマイチだったら失敗なんです。

つまりユーザーがお店を評価するときは減点方式なのです。

ここを防ごうとするとかなり千差万別に対応しないといけないと感じました。

そもそもお前資金調達してそのお金を有効に使えんの?

これは実際に言われたことではないです。
自分自身に問いかけた言葉です。

仮に500万調達できたとして500万を何に使うの?
もちろんエンジニアさんやデザイナーさんを雇ったりするのも一つの使い道ですが、本来の目的は調達した資金で売り上げを出して利益を出すことです。
資金調達したからと言ってユーザーが増えるわけでもないし、「うちのお店も掲載してよ!」と連絡が来るわけでもないんですよね。

だからこそLinRinは誰のどんな問題を解決するのかを明確にしないといけないと感じました。

これからまだまだ挑戦は続きます

ありがたいことに僕は1人で開発してるわけではなく仲間がいます。
その仲間に恩を返すためにもサービスを成功させたいと考えています。

そのためにはどんどん挑戦していくことも必要だし失敗を乗り越えていかなければいけません。

これからもどんどん走り続けていきます。

最後に

LinRinでは月額1000円で開発の裏側を見れるようにしています。
LinRinがどこへ向かおうとしてるのかだったり、今回のような挑戦秘話などがいち早く見れます。

詳細はこちらからhttps://menta.work/post/detail/3601/z7I6YoXWDt00bxdFhFKB
お申し込みはこちらからhttps://menta.work/plan/1337/7703

ご連絡お待ちしております!