プログラミングに関することではないですが、メンターするにあたっての心構えを書きます。

貰ったお金以上のことを与える

僕が一番大切にしていることです。
見ず知らずの人に3000円なり5000円払うってなかなかリスキーだと思うのです。

知識を学んでいるにしろ、相手がどんな人か分からない状態でなかなか払える額ではないと思うのです。

だからこそ、貰った額以上のことを与えようと思うのです。
そのためにしている事を書きます。

依頼様専用のスプレッドシートで進捗管理

ヒアリング

まず契約していただくと同時にヒアリングを行います。
・何が目的なのか
・どうなりたいのか
どれだけ抽象的でも安心してください。
具体化して見える化します。

ここの共有がずれているとお互いにとって幸せにならないですよね。
「このメンター自分の求めてることを教えてくれない」
「こっちはちゃんと教えてる」
これでは時間の無駄です。

なので、まず最初にヒアリングを行うことで進むべき道を決めるようにしています。

今日の進捗

やったことを管理してそこにコメントをしていきます。
赤ペン先生ではないですが、ご自身で見返したときに「これだけできるようになった!」と自信をつけてもらいたくて初めました。

良記事を提供

依頼者様がスムーズに理解できるように、メルマガではないですがスプレッドシートに良記事が書き込まれます。
コマンドの意味だったりプログラミングに関するニュースだったり。
もちろん、自分で探すことも大事なのですが2人で探せばもっと早く情報が集まります。

毎日見るだけでも楽しくなるようなスプレッドシートを目指しています。

依頼者より諦めが悪い

当たり前ですが、諦めが悪いです。
分からないからと放り投げることはしません。

案外放り投げるメンターさんが多いと聞きますが、そんなことはしません。
同じエラーが出ても方法を変え、考え方を変え解決に向けてアプローチします。
概念が理解できなくても伝えることも諦めません。分かるまで教えます。

怒らない

バカみたいですが、これは大事です。
とは言っても別にイライラもしないのでご安心ください。

結構多いみたいです。
言葉が強かったり怒る方が。

そんな方に教えてもらってもプログラミングが嫌いになってしまうだけなので、早く解除してご自身に合ったメンターさんを探した方がいいでしょう。

そのための相談も乗らせていただきます。

期限を把握する

ダラダラと続けません。
時間もお金も大事。

そんな大事なものをいただいている中で、「わざと伸ばしてやろう」みたいな魂胆な感情は持ち合わせていませんのでご安心ください。
まるで必要のない残業代を稼ぐかのような・・・

しっかり期限も共有した上で進めていきます。

早い返信を心がける

当たり前です。
中には一日一回しく返信してくれなかったという声もお聞きしました。

そんなのは有り得ません。
僕も業務やプライベートがあるので遅くなることはありますが、その時は必ず報告をします。

時間を知らせるのは思いやりだと思っています。

まとめ

どれもこれもプログラミングを教える以前の問題ではありますが、すごく大事なことだと思っています。

メンターとしてより人として正しく接する。
そして、メンターとして価値を提供する。

これが【僕の流儀】貰ったお金以上のことを与える。です。

相談からでも可能です。
お困りごとがございましたらいつでもメッセージください。