1、中学レベルの英文法ドリル・単語帳
→中学レベルの英語は理解しておいてください。すべてにおいての基本となります。
  文法は正答率が100%になるまで、わからないところがなくなるまでやりこみましょう。
→単語帳は知らない単語がなくなるまで

2、「一億人の英文法」
→これをやることで英語で使われるほとんどの英文法を理解できます。
  かなり分厚い本になるのですが最低3周はして英語の感覚を掴んでください。

3、「瞬間英作文」
→今まで勉強した文法を口にできるようにします。
  最低10周はしましょう。ここまで来ると少しコミュニケーションができるようになります。
→英語が話せなくてもいいという方もやってください。
  リスニングに効果があります。話せない音は聞き取れません。

4、音読パッケージ
→リスニングの入り口教材としては最強の本です。
  この本に書いてあるやり方通りにやりましょう。かなりリスニング力がつきます。

5、「金のフレーズ」
→ここまでの段階で単語力はついてますから、TOEIC用の単語を勉強して、本番でわからない単語をなくします。

6、「公式問題集」
→裁定5冊はやり込みましょう。ただ問題を解くだけではなく、復習をすることで得点力が付きます。

以上が基本となりますが、各個人で勉強ができる環境だったり時間は違います。それぞれに合わせたタイムマネジメント方法と教材を教えているので、ぜひ私のプランを見てください。