無料登録で300円クーポンプレゼント!
masaya sato
メンター 最終ログイン --
masaya sato
100
メンタースコア
-

評価

0

契約中

0

累計

0 フォロワー
本人確認
NDA(機密保持契約)
自己紹介

北海道・札幌で生まれ育って、大学から東京へ、銀行に就職し20年程東京暮らしを経て、沖縄移住19年目です。冬も暖かく綺麗な海に囲まれた沖縄での生活はかなり幸福度の高いものだと思います。2006年、日銀総裁参加の下、沖縄金融専門家会議というのが、サミットの行われた沖縄本島北部リゾートにある万国津梁館で開催されまして、私もスピーカーの一人として講演させて頂きました。そのときに話した構想がビジネスバケーション構想というものです。これは、沖縄に遊び(バケーション)に来ながら、ビジネスのタネを撒き、育て、二足の草鞋を履きながら、二地域居住から始め、そして機が熟せば移住したらどうですか、という構想でした。一番のメリットは、少しずつ足場を確かめていくので、リスクをミニマイズできるということ。そして当然、うまくいけば、南国リゾートへの移住が実現するわけです。当時は、今のように、リモートワークにも副業にも兼業にも厳しい世の中でしたので、構想実現には至りませんでした。ただ、内地と沖縄との交流プラットフォームや、起業のためのビジネススクールなど、必要な環境整備は進めてきました。そして今、コロナという外圧を契機に、ようやく、時代が追い付いてきました。ワーケーションとの違いは、最終的に南国移住・独立を夢見ている点です。ワーケーションは多くが一過性で被用者の立場ですが、ビジネスバケーションプログラムは着実な人生設計とその準備という点で、そして自らが主人公である主体的な人生を実現するという点で、本質的に異なっています。寒いところに生まれ育った私がまさか沖縄に定住するとは全く想定外の展開でしたが、かれこれ19年弱、沖縄に住んで起業も果たし一定の成果も挙げてきました。そのノウハウをお伝えしながら、沖縄での特殊性や慣習など含め、マーケティング、ビジネスモデルの設計や態勢づくりをお手伝いします。私自身、何の地縁も血縁もなく沖縄に飛び込んで道を切り開いてきた中で、「水先案内人的な相談者がいたらいいな」と何度思ったことか。共に沖縄で夢を育んでいきませんか。

スキル
経営コンサルタント 5年〜
法律 5年〜
ファイナンス 5年〜
経歴・実績
1986 年4月 〜 2021 年9月
早稲田大学法学部卒業後、日本興業銀行入行。コーポレートファイナンス(企業金融)畑を歩み、事務管理や効率化、リスク管理なども担当。政府系金融機関に2年間出向、政策金融を学ぶ。製紙業界再編(大型M&A)やみずほ経営統合(興銀、富士、第一勧銀の経営統合)を担当、持株会社のみずほホールディングスにて企画管理本部、そして金融持株会社のみずほフィナンシャルグループにてリスク管理グループに在籍、子会社であるみずほコーポレート銀行、みずほ証券、みずほ信託銀行などのリスク管理を担当。2003年に沖縄に移住、法科大学院入学(博士号取得)とともに、コンサルティングカンパニーを起業、多くの企業や証券会社の役員、大学講師などを経験しながら、現在はおきなわ地域戦略研究所CEOとして地方創生、そのための起業支援・企業経営支援・人材育成などを柱に活動中。
対応可能な時間帯

備考

いつでも対応可能。