業務でQR/バーコード/明細のシール印字を使うならbrotherのプリンタが安くて便利だった

経緯

業務で、

  • バーコード
  • QR
  • 明細

をシール印字するものを作ったのだが、
安さの面で、某企業の導入には数十万、brotherなら、
機器代が数万(用紙は別)で、お試し用の機器と用紙をくれたので、
色々と試すことになった。

ブログにでも書いてみようかと思ったが、面倒なので、
MENTAに簡潔にメモとして書いとこうと思う。

開発してみて

Railsで必要なデータを管理して、CSVで出力してプリンタで印字と、
シンプルな流れになるのだが、機器ごとにハードの問題が少なからず、
出る可能性もあるが、brotherの安いものでも、
十分に実用可能なことがわかった。

注意した方がよいこと

プリンタ自体の癖もあるし、用紙との相性もあるので、
海外製の用紙だと、ガリガリ言って、うまく印字できないことがある。
その場合、長い線が印字できないのが問題だったりするので、
その辺りを対応すれば問題なく印字できるようになる。
また、P-touch EditorはWindowsのみしか動かないので、
その点も注意。

その他

brotherの機体の「用紙切れ」のエラーが一度、起こると、
ドライバ入れ直しが必要だったりするので、
費用が安い分、その辺りが色々と面倒ではある。

業務で使ったり、試しに色々とプリンタで遊ぼうと考えているなら、
brotherが安いのでオススメ。

以上、誰かの参考になれば幸い。