ATSURO
メンター
ATSURO
675
メンタースコア
5.0

評価

0

契約中

8

累計

15 フォロワー
本人確認
NDA(機密保持契約)
自己紹介

1988年生まれ、神奈川県出身。
2010年大学卒業後、大手SI会社へ入社し大手通信システム開発のエンジニアとして働く。
2012年11月にウエディングメディアへと転職。Web開発エンジニアとして1年間日本で仕事をする。その後、同社ベトナムオフショア開発責任者としてベトナム駐在員として1年半ベトナムで勤務。
2015年6月 ウエディングメディアを退社し、ベトナムでのグルメサイトFest.vn立ち上げに参画。
アジアの人々に新しいライフスタイルを提供する使命のもとFest.vnを運営する。
2019年より立ち上げ初期のスタートアップ企業の業務支援を主にサポートをしている。

<現在支援中の企業概要>
・VR系のスタートアップ企業
・アジア×マーケティング企業

<私がメンターとしてやれること>
・年間1,000名から転職相談を受けていた経験からあなたの強みや転職相談にのります。
・エンジニアのキャリアパスを実体験と人材紹介経験を通してお話しします。
・海外でも起業をして、人材採用をしていた経験から海外就職に関しても相談にのります。
・優秀なエンジニアとは何かをお話しできます。
・起業、WEBサービスやアプリ運営の相談にのります

<私からのメッセージ>
開発が出来るだけではダメだと感じてませんか?
フリーランスエンジニアが増えたら案件が枯渇すると想像出来ていますか?
日本語しか出来なくて、大丈夫ですか?海外のフリーランスエンジニアと戦うことが出来ますか?
東南アジアのエンジニアのスキルレベルは知っていますか?


<私の過去の経験談>
私は20代前半、エンジニアとして必死に働きました。

■1社目
大手Sierに入社。
新卒1年半で、普通のSE(クライアント常駐の2次受け)ながら
超大手のクライアントから技術派遣の依頼をいただき、年間数千万円の受注をいただきました。

通常、2次受け以降のただのSE(まして、新卒1年半の新米)はクライアントの開発をするだけで、
営業受注するなんてことは考えられないのですが、受注をする快挙を達成。
(会社から臨時ボーナスをもらいました。)

■2社目
超有名なWeb企業に入社。

PHPって何?という状態で入社し、半年でベストエンジニア賞を受賞。
その後、海外オフショア開発の責任者として抜擢されベトナムへ。
現地エンジニアの能力の高さに驚愕を受ける。

この時期、エンジニアとして、悶々と開発をしてお金を稼ぐことに疑問を感じていました。
ビジネスには開発だけではないスキルが必要だなと。

そして、起業

私は、この道は間違っていなかったと確信しています。

ビジネススキルを磨くことがエンジニアが生き残る道だと私は考えています。
ぜひ、一度オンライン面談を通して、色々とお話しましょう。

スキル
PHP 〜3年
起業 〜5年
Java 〜3年
Android 〜3年
iOS 〜3年
経営 〜5年
メディア運営 5年〜
エンジニア転職 〜5年
マーケティング戦略 〜5年
資金調達 〜3年
人材紹介 〜3年
事業運営 〜5年
経歴・実績
大手SierにてSE→大手Web企業にてWebエンジニア→海外で起業、スタートアップ企業の業務支援のフリーランス