ユーザー登録で「300円クーポン」プレゼント!まずは無料登録から!

mikawaya1960@三川屋幾朗

MENTAスコア
1,876
-
評価
返信率 100 %
契約中 0
累計 23
  • NDA(機密保持契約)
  • 本人確認
  • 65 フォロワー
  • 最終ログイン 24時間以内
  • 登録日 2019/03/01

自己紹介

Dynabook開発を経て、日・米・欧の上場企業をエンジニアとしてキャリア積む
2010年に50歳でリタイアして兼業主夫宣言し、世界を旅する
43か国を経験。世界中に友人を持ち、朝3時からネットで情報交換しています
2019年春、利他の心で社会貢献を決意、無償でメンターリング開始
Quora回答者:350万回超の閲覧数を頂いています

【口上】
『公共メンター』を無償ボランティアで開始しました。『ゼロ円メンター』、無料です(プラン参照)
・人が幸せに生きる世界を目指します
・お金のためではなく、幸せになるために働くを信条とします
・幸せの価値化で、それは人が信頼し合う世界、誰も搾取されない社会です
・私は利他の心、ギブ&ギブで与え続けます

【ペイフォワード】
あなたがメンターになり、次のメンターを育成する人に無料でメンタリングします

【メンター依頼】
以下を書いてメッセージをお寄せください

・やりたいこと
・そのゴール(達成した暁の未来像)
・達成時期と、いまあるリソース
・足りないリソース
・実施に向けての障壁
・私の趣旨に賛同(YesまたはNo)
・次代のメンティー育成の誓約(YesまたはNo)

スキル

ブログ 5年〜
マーケティング 5年〜
エンジニア 5年〜
コンサルタント 半年未満
プロジェクトマネージメント 5年〜
海外旅行 5年〜
トラベル 5年〜

経歴・実績

mikawaya1960@三川屋幾朗さんのレビュー 4.8

kswd123

初めて幾朗さんのことを知ったのは別のSNSで、その時に発信されていた内容がその時の私の心に突き刺さり、是非お話ししてみたいと思いメッセージを送りました。

色々なことに迷い答えを求めていた私は、幾朗さんとお話しすることで答えを得られると思っていましたが、実際に得たのは答えではなく、答えを見つけるためのスキルであり思考法でした。それはその場限りの答えよりもずっと価値のある学びだったと思います。

まだメンタリングは途中ですが、幾朗さんとのセッションのお陰で一生使えるスキルを学ぶきっかけになりました。メンターとして、また人としてお知り合いになれたことに感謝しています。素晴らしいメンターだと思います。

Quoraで私を見つけて訪ねてらっしゃった、その行動力と機動力は、案外他には無いものです。多くの方は「いいなあ」と思っても行動に移れる人は極僅かです。そして年が過ぎて「ああ、あれをやっておけばよかった」と後悔します。私の様な還暦過ぎから後戻りするのは、不可能ではありませんが、若い時の何倍もエネルギーが必要です。いま充実の年齢にいて、更に高みを目指していらっしゃる。書かれているように迷いの答えは「自分の中にある」のであり、それを言語化、見える化出来るようになると、他人の答えも直ぐに見つけられるようになります。そうなれば「ここにありますよ」と相手に示すことが出来る。メンターは相手の「鏡」になる仕事なのですが、深い思考能力とそれを自分の言葉で表す能力に長けていらっしゃるので、今後、メンターとしてやっていく素質は十分にあると思います。今回は、魚をもらうのではなく魚釣りの方法を身に着ける、その最初の部分をマスターされました。外へ外へ、見聞を広げていって、経験に裏打ちされた引き出しを沢山作っていく楽しみを味わってください。そして、実はその引き出しが「すでに自分が持っていたもの」であることに気付くときがこの先きっと来ると思うので、日々の研鑽を続けていって下さい。今後の「進化」がたのしみです。
きせ

幾郎さん、メンタリングありがとうございます。
いつもたくさんの学びがあり、毎回のメンタリング内容を忘れないよう議事録に残す仕組みがあって、とても役に立っています。
私はアジェンダや議事録作りはやったことがなく、また自分で会議を進めていくこともほば未経験だったので、アドバイスを頂きながら、進めることができています。学生にはもったいないくらいの経験と知識を得ています。
幾郎さんは心から私の事を応援してくれ、自分事と捉えてお話してくれます。
楽しいメンタリング、ありがとうございます!

学生であるという事を、きせさんは感じさせません。会えばだれもが好きになってしまう明るいきせさんを、沖縄のルーツ、アイデンティを活かしたビジネスへのアプローチを、この年齢から考えそのために経営学を学んでいる姿勢を、そういった志の潔さを、会う人だれもにも感じさせるでしょう。ぜひ在学中に起業して、周囲の学生の誰よりも早く自分の描く社会のシアワセをスタートさせましょう。幾朗はその最初の段階に立ち会えたことを誇りに思います。得た知識と経験を周囲の学生や地域の方にシェアしていきましょう。アウトプットすることで「何が必要か」と「何が効果的か」そして「相手は何を求めているか」が分かるでしょう。その経験が次のインプットを求めます。そしてより高い品質のアウトプットを生むことになります。この良いエコシステムをどんどん回していきましょう。キセさんの未来が本当に楽しみです。
aki.

幾朗さんのメンタリングを受けさせていただき、自分の行動が明確に変わりました。

理由は、以下2つのことを幾朗さんに教わることができたからです。
1つ目は、何ごとも「自分中心でなく、相手中心で考える」ということ、
2つ目は、「思考を止めず自分の次の行動まで考えきる」ということです。
これらのことはもしかすると、当たり前のことだと思われる人がいるかもしれません。
実際、私も、これまでに本で読んだり、誰かに何度も言われていた気がします。
ですが、今回、これらを本当の意味で理解でき、また実行し始めることができたのは、幾朗さんのおかげです。

私は、最近自分の価値観について振り返り機会があり、自分が大切にしたいことについて、自信を持ってこれだ!と言えるようになりました。ですが、その価値観をこれからもずっと大切にしていくためには、私が、自分で考え行動できる人間になる必要があると感じています。
今、それをサポートしてくれているのが幾朗さんであり、またこのタイミングでメンタリングをしていただけることになったのも、まさに偶然ではなく必然だと思っています。
コーチはプロジェクトをサポートする、メンターはその人の人生を丸ごとサポートする。
正にその通りだと思います。
私もいつかメンターとして、誰かの人生をサポートしたいと思っています。

幾朗さんとのメンタリング1回目から、私は変わりました。
これからも変わり続けたいと思います。
これまでものごとをしっかり考えることをさぼっていた自分を恥じるのではなく、
これからの伸びしろがとんでもなくあると信じて、毎日を全力で楽しんでいきたいと思います。

幾朗さん、引き続きよろしくお願いいたします。

aki.さんの素晴らしいのは、現状を変えたいという向上心と、気付いたことを直ぐに実行に移す行動力だと感じています。「馬を水辺に連れていくことは出来ても飲ませることは出来ない」という例えがありますが、私を水場へ引っ張って行くのには感激です。メンターの引き出しを開け続けるだけでなく、新しい引き出しを作らせて頂けるのが嬉しい。アドバイスを差し上げて、すぐさま実行に移せる人は多くて半分。そして継続できる人は更に減ります。様々なことにご自身で気付き、インプットとアウトプットを実行されています。対話を続けていくにつれて、どんどんアイディアが出てきますね。それを実行して1週間が経ち、更にブラッシュアップしていく。素直で前向きな姿勢に、こちらも前のめりになります。メンターをやる気にさせる方ですから、変わり続けていくと、凄いことになりそうで、ワクワクします。aki.さんがメンターになった時が楽しみです。
井ノ上 裕之

とても素晴らしいメンターさんだと思います。

まず、課題の与え方が的確です。その的確さは経験に裏付けられた人間観察力があるからなのでしょう。そしてその観察力は、次の課題の発見能力になっていると感じられる。最初に与えられた課題に取り組むなかで欠けている部分を察知して明確に言語化して伝えてくれたうえで、さらなる課題を与えてくださる。

まだメンタリングの最中ですが、こうした形でトレーニングを続けていれば、掲げる目標に到達できるに違いにないという自信が持てます。自信を与えていただける。

このようなメンターが公共メンターとして無料で活動されているというのは、奇跡的なことだと思う次第です。

今回のメンタリングのゴールは『喋りによる「伝え方」をマスターし、会話やスピーチではうまく「伝えられない人たち」を、「自由自在に喋りで伝えられる人」になるまでメンタリングできるレベルを目指す』でした。

裕之さんの思考は深い。それを世に出す方法を文字で今迄やってこられました。世の中は動画から音声メディアに移行していますが、社会の「進化」に合わせて、裕之さんも音声メディアへの適応を希望されました。

ここでは「喋ること」に特化したメンタリングで「伝え方」をマスターし、プレゼンのプロになる、つまり「話す」技術の習得です。

いま幾朗は毎日朝3時半から「超早Zoom朝会」でだれでも参加できる音声配信を行っていますが、そこに裕之さんも参加されて、その場で互いに「話す」を磨いています。

日々向上していく裕之さんは、既に完成の域にある「脳内イメージの文字化」技術に加えて、「音声化+プレゼンテーション能力」を、そう時間をかけずに完成させていかれるでしょう。

文字+音声というメディアミクスによる自己表現力の高度化は、今後の活動において強力なツールになるのは間違いありません。実生活においても「伝え方」の技術・技能は無敵のツールとなります。

今回のメンタリングは「話す」系のプレゼンテーション技術ですが、これが完成した暁には、1000人単位のオーディエンスへの「総合プレゼンテーション技術」の獲得へと進まれることをお勧めします。
タマザワ ユウキ

ありがとうございました!

途中、幾郎さんの真意が分からず心のモヤモヤとして
停滞しましたが、その期間含めて全てが良い経験になりました。

感動したのは、議事録に対しての朱書き(フィードバック)です。
これまでご経験されてきた全てを詰め込んで頂いているようで
とっても学びになりました。

頂いた知恵を実践して、血肉とさせていき
本当の意味で生かしていくことが今から楽しみです。

そして、また僕のように必要としている人が現れたら
受け継いでいきたいなと思います。

この度はありがとうございました!

ユウキさんはウエブ会議のファシリテーターとしては飛び抜けた才能をお持ちです。コロナ禍において、これは貴重なこと。多くの人がウエブ会議に慣れていっていますから、需要の高まりは時と共に上がっていくでしょう。発言者の内容を咀嚼して次々に繋げていくやりかたは、よく相手の言葉を聞いて、その奥にある真意を掴まないとできないことですが、それが出来る人はごく僅かです。いまお持ちの「聴く」と「喋る」という二つの才能をブラッシュアップして、活躍の場を広げていかれることをお勧めします。