初めまして、ルビコン (@RubiconLink) です。
エンジニアに転職したい初学者向けに、AWS の情報発信をしています。

結論

AWS 管理画面は「English」一択。
私に騙されたと思って今日から「English」!

「日本語」と「English」の見た目

AWS の管理画面を「日本語」で使われている方がほとんどでは?
image

思い切って「English (US)」に変えてみましょう!
image

頭がついていかない気持ち、心の抵抗は良く分かります。
私も英語が決して得意ではありません。
でも慣れてくると逆に「日本語」の方が気持ち悪くなってくる不思議!
なぜか。

「English」のメリット

  1. AWS CLI( aws コマンド)で使う名前と一緒。
    例えば「起動テンプレート」→「Launch Template」

    $ aws ec2 create-launch-template --launch-template-name <name> ...
  2. CloudFormation(テンプレによるリソース作成)でも同じく。

    Type: AWS::EC2::LaunchTemplate
    Properties: 
    LaunchTemplateName: <name>
    ...
  3. (外国製あるある)日本語が変。結局カタカナにしただけ。英語混在。
    例えば、日本語の中に突然「Elastic IP」← 訳せなかったのかよw
    例えば「Auto Scaling グループ」← グループ だけカタカナにするなよw
    例えば、CloudFront の管理画面は元々英語しかなかったり...。

  4. 冒頭の画像の通り、カタカナは折り返しが多くて、むしろ見づらい。

  5. いざ海外で働くとなっても「いつでもOK!」という自信。
    公式ドキュメントも英語の方が正しかったり、新しかったりするし。

「English」のデメリット

  1. 皆さん「日本語」なので、マニュアルを書く時・スクショを撮る時、
    自分だけ「English」だと言葉が違う...。

改めて

AWS 管理画面は「English」一択。
私に騙されたと思って今日から「English」!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。
お役に立てれば幸いです。

AWS でお困りの際は https://menta.work/plan/1873 でご相談ください。
Twitter https://twitter.com/RubiconLink のフォローもぜひ。