ユーザー登録で「300円クーポン」プレゼント!まずは無料登録から!

相談できます

mikawaya1960@三川屋幾朗

https://jp.quora.com/profile/Ikuro

24時間以内

本人確認  秘密保持契約(NDA)
スコア
1,876
評価
(18)
料金
3,000円〜
まずは相談してみよう
このプランをシェアしよう!

プロジェクトマネージメント メンタリング コーチンング Quora 音声メディア

【ゼロ円メンター】メンタリングをオンラインでもオフラインでも:三川屋幾朗ビジネスメソッド『公共メンター』

できること

メンタリングが終了すると以下のスキルアップが期待できます
・プレゼンのプロになれます。自信が付きます
・1分間で自分の考えを相手に伝えられるようになります
・プロジェクトのマネージメントスキルが上がります
・スケジュール管理の達人になります
・トラブル対策のスキルが上がります
・モノゴトの見方と考え方、シクミを見通せるスキルが上がります
・難題に立ち向かい、それを解決するスキルが上がります

メンターリングに関して
・『公共メンター』をボランティアで開始しました。無料です。NPO法人化を目指します
・シェアリングエコノミーや共感資本主義の理念で、現代資本主義の弊害に風穴を開けます
・メンターとしてあなたのビジネス、プロジェクト、人生をサポートします
・日本・アメリカ・ヨーロッパでのエンジニア・営業経験を生かしてあらゆる事象に対応します
・心にお悩みを抱えている、鬱に悩んでいる、そんな方にも寄り添います

※メンターとコーチの違い:コーチはひとつのプロジェクトをサポート、メンターは人生丸ごとサポート

50歳でリタイアして8年間世界を旅してきました。「社会の公器」を自認して社会に恩返しする時期に入りました。利他の心、ギブ&ギブで与え続けます。モデルは稲盛和夫さんです。感謝は次の人へ返す。ペイフォワード(恩送り)の思想です。

私の知識と経験を後世に引き継ぎ、次代のメンターを育成していただける人に無料でメンタリングします。私を支えてくれる海外の知識人のリソースも総動員してメンティーをサポートします。
(全てウエブ上で行いますので費用は掛かりませんが、オフラインで直接会いたいという場合には実費をご負担ください)

社会貢献する私の趣旨を完全に理解していただいた方のみサポートします。
詳しくは、こちらをご覧ください。
https://mikawaya1960.blogspot.com/2019/02/blog-post_14.html

※『公共メンター』登録商標(予定)

プロフィール

Dynabook開発を経て、日・米・欧の上場企業をエンジニアとしてキャリア積む
2010年に50歳でリタイアして兼業主夫宣言し、世界を旅する
43か国を経験。世界中に友人を持ち、朝3時からネットで情報交換しています
2019年春、利他の心で社会貢献を決意、無償でメンターリング開始
Quora回答者:350万回超の閲覧数を頂いています

【口上】
『公共メンター』を無償ボランティアで開始しました。『ゼロ円メンター』、無料です(プラン参照)
・人が幸せに生きる世界を目指します
・お金のためではなく、幸せになるために働くを信条とします
・幸せの価値化で、それは人が信頼し合う世界、誰も搾取されない社会です
・私は利他の心、ギブ&ギブで与え続けます

【ペイフォワード】
あなたがメンターになり、次のメンターを育成する人に無料でメンタリングします

【メンター依頼】
以下を書いてメッセージをお寄せください

・やりたいこと
・そのゴール(達成した暁の未来像)
・達成時期と、いまあるリソース
・足りないリソース
・実施に向けての障壁
・私の趣旨に賛同(YesまたはNo)
・次代のメンティー育成の誓約(YesまたはNo)

スキル

ブログ 5年〜
マーケティング 5年〜
エンジニア 5年〜
コンサルタント 半年未満
プロジェクトマネージメント 5年〜
海外旅行 5年〜
トラベル 5年〜

経歴・実績

投稿

プラン

メンタリングをビデオ会議でサクッと
3,000円  単発

・無料です。値段が付いていますが、メンタリングが終わったらお返しします。
メンタリング終了後にレビュー頂くと、お支払頂いた金額は銀行振込み、電子マネー等でお返ししています。
・1セッション1~2時間です。高密度で行います。費用は頂きません。
・初回セッションの後に、レビューセッションを加えて、2回行い完成度を高めます。
・プロジェクトの進行に合わせてセッション回数は柔軟に対応します。
・ZOOMで行います。
・オブザーバーの参加も可能です。

以下を書いてメッセージをお寄せください。

1.やりたいこと
2.そのゴール(達成した暁の未来像)
3.達成時期 と、いまあるリソース
4.足りないリソース
5.実施に向けての障壁
6.私の意志(https://menta.work/user/4604)への賛同 ⇒YesまたはNo
7.次代のメンティー育成の誓約 ⇒YesまたはNo

・冷やかしは一切お断りします。真摯にプロジェクトに向き合う挑戦者のチカラになります。
・プロジェクトで得られたデリバラブルズ(成果物)の一部を双方合意の上で公開し社会に役立てます。
・私の知識と経験を後世に引き継ぎ、時代のビジネスマンを育成していただける人に無料でメンターリングします。
 ただし次世代の育成は強制ではありません。
・私が何を希望しているのか、何をやりたいのかは、「できること」に記しています。
 社会貢献する私の趣旨を完全に理解していただいた方のみサポートします。

『1日を2日にする方法』究極の時間利用術を教えます
5,000円  単発

「時間が足らない」、メンターとして問題解決にあたるなかで、メンティーさんが訴える最も多い悩みがこれです。

私はメンタリングのひとつとして、「1日を2日にする方法」をそれを簡単に解決できる方法をお教えしています。
昨今の在宅ワークが浸透しつつある労働環境においては、難しくない方法です。発想を変えることで、これは可能となるのですが、なぜこの発想が出てこないのか、私には不思議です。

こんな方に向きます
・短期で資格を取りたい
・限られた時間で最大のアウトプットを出したい
・自分の可能性を拡大したい

noteの中で紹介しておりますので、ご参照ください。
https://note.com/mikawaya1960/n/n4ea002e6d39e

音声メディアの始め方
5,000円  単発

「時代は動画から音声に」

動画から音声に、メディアの重心が移ってきています。
YouTubeは今や「聴くメディア」になり、動画を見ずに「聴いている」人が増えています。
Amazonも聴くを戦略に加えて久しく、聴く本やKindleでの読み上げを利用率が増加しています。

このトレンドに乗りたい方に、毎日早朝3時半から「超早Zoom朝会」で音声メディアを提供しているメンター幾朗が、そのノウハウを伝授いたします。

ご用意いただくものはスマホ1台でOK。しかしそこにはテクニックとノウハウがあります。

文章は読む能力によって「伝わらない」が発生しますが、音声メディアは伝えたい人が直接伝えることができます。
文章に熱量を載せることは難しいですが、音声ではあなたの熱量を直接リスナーに届けることができます。

「超早Zoom朝会」
https://note.com/mikawaya1960/m/mac31f7233427

※このプランはメンタリングではないのでお金を頂戴いたします。
ここまで音声配信するための「先行投資」をしておりますので、それが回収できた段階で無償化します。

Quoraでトップ回答者を目指しませんか
5,000円  単発

いま爆発的な拡大を見せるQuora。
 https://jp.quora.com/

閲覧数400万回超のクオラーが、その投稿テクニックを優しく伝授します。

・Quora って、なに?
・どんなご利益があるの?
・ヒットする投稿、ダメな投稿
・投稿は数打ちゃ当たる?
・初日の閲覧数は、1000回超を目指そう
・次は、1週間で1万回超を目指そう
・トップクオラーはQuoraのパートナー

まずは始めてみましょう。手解きいたします。

※このプランはメンタリングではないのでお金を頂戴いたします。
と言っても、お手頃お値段でQuoraデビューして、人気者になれます。
お持ちの知識やノウハウをシェアして社会貢献、その先にはQuoraのパートナーシップが待っています。

メンターに教えてほしいことを相談してみましょう!

相談できます

mikawaya1960@三川屋幾朗

https://jp.quora.com/profile/Ikuro

24時間以内

本人確認  秘密保持契約(NDA)
スコア
1,876
評価
(18)
料金
3,000円〜
まずは相談してみよう
このプランをシェアしよう!

レビュー 4.8

kswd123

初めて幾朗さんのことを知ったのは別のSNSで、その時に発信されていた内容がその時の私の心に突き刺さり、是非お話ししてみたいと思いメッセージを送りました。

色々なことに迷い答えを求めていた私は、幾朗さんとお話しすることで答えを得られると思っていましたが、実際に得たのは答えではなく、答えを見つけるためのスキルであり思考法でした。それはその場限りの答えよりもずっと価値のある学びだったと思います。

まだメンタリングは途中ですが、幾朗さんとのセッションのお陰で一生使えるスキルを学ぶきっかけになりました。メンターとして、また人としてお知り合いになれたことに感謝しています。素晴らしいメンターだと思います。

Quoraで私を見つけて訪ねてらっしゃった、その行動力と機動力は、案外他には無いものです。多くの方は「いいなあ」と思っても行動に移れる人は極僅かです。そして年が過ぎて「ああ、あれをやっておけばよかった」と後悔します。私の様な還暦過ぎから後戻りするのは、不可能ではありませんが、若い時の何倍もエネルギーが必要です。いま充実の年齢にいて、更に高みを目指していらっしゃる。書かれているように迷いの答えは「自分の中にある」のであり、それを言語化、見える化出来るようになると、他人の答えも直ぐに見つけられるようになります。そうなれば「ここにありますよ」と相手に示すことが出来る。メンターは相手の「鏡」になる仕事なのですが、深い思考能力とそれを自分の言葉で表す能力に長けていらっしゃるので、今後、メンターとしてやっていく素質は十分にあると思います。今回は、魚をもらうのではなく魚釣りの方法を身に着ける、その最初の部分をマスターされました。外へ外へ、見聞を広げていって、経験に裏打ちされた引き出しを沢山作っていく楽しみを味わってください。そして、実はその引き出しが「すでに自分が持っていたもの」であることに気付くときがこの先きっと来ると思うので、日々の研鑽を続けていって下さい。今後の「進化」がたのしみです。
きせ

幾郎さん、メンタリングありがとうございます。
いつもたくさんの学びがあり、毎回のメンタリング内容を忘れないよう議事録に残す仕組みがあって、とても役に立っています。
私はアジェンダや議事録作りはやったことがなく、また自分で会議を進めていくこともほば未経験だったので、アドバイスを頂きながら、進めることができています。学生にはもったいないくらいの経験と知識を得ています。
幾郎さんは心から私の事を応援してくれ、自分事と捉えてお話してくれます。
楽しいメンタリング、ありがとうございます!

学生であるという事を、きせさんは感じさせません。会えばだれもが好きになってしまう明るいきせさんを、沖縄のルーツ、アイデンティを活かしたビジネスへのアプローチを、この年齢から考えそのために経営学を学んでいる姿勢を、そういった志の潔さを、会う人だれもにも感じさせるでしょう。ぜひ在学中に起業して、周囲の学生の誰よりも早く自分の描く社会のシアワセをスタートさせましょう。幾朗はその最初の段階に立ち会えたことを誇りに思います。得た知識と経験を周囲の学生や地域の方にシェアしていきましょう。アウトプットすることで「何が必要か」と「何が効果的か」そして「相手は何を求めているか」が分かるでしょう。その経験が次のインプットを求めます。そしてより高い品質のアウトプットを生むことになります。この良いエコシステムをどんどん回していきましょう。キセさんの未来が本当に楽しみです。
aki.

幾朗さんのメンタリングを受けさせていただき、自分の行動が明確に変わりました。

理由は、以下2つのことを幾朗さんに教わることができたからです。
1つ目は、何ごとも「自分中心でなく、相手中心で考える」ということ、
2つ目は、「思考を止めず自分の次の行動まで考えきる」ということです。
これらのことはもしかすると、当たり前のことだと思われる人がいるかもしれません。
実際、私も、これまでに本で読んだり、誰かに何度も言われていた気がします。
ですが、今回、これらを本当の意味で理解でき、また実行し始めることができたのは、幾朗さんのおかげです。

私は、最近自分の価値観について振り返り機会があり、自分が大切にしたいことについて、自信を持ってこれだ!と言えるようになりました。ですが、その価値観をこれからもずっと大切にしていくためには、私が、自分で考え行動できる人間になる必要があると感じています。
今、それをサポートしてくれているのが幾朗さんであり、またこのタイミングでメンタリングをしていただけることになったのも、まさに偶然ではなく必然だと思っています。
コーチはプロジェクトをサポートする、メンターはその人の人生を丸ごとサポートする。
正にその通りだと思います。
私もいつかメンターとして、誰かの人生をサポートしたいと思っています。

幾朗さんとのメンタリング1回目から、私は変わりました。
これからも変わり続けたいと思います。
これまでものごとをしっかり考えることをさぼっていた自分を恥じるのではなく、
これからの伸びしろがとんでもなくあると信じて、毎日を全力で楽しんでいきたいと思います。

幾朗さん、引き続きよろしくお願いいたします。

aki.さんの素晴らしいのは、現状を変えたいという向上心と、気付いたことを直ぐに実行に移す行動力だと感じています。「馬を水辺に連れていくことは出来ても飲ませることは出来ない」という例えがありますが、私を水場へ引っ張って行くのには感激です。メンターの引き出しを開け続けるだけでなく、新しい引き出しを作らせて頂けるのが嬉しい。アドバイスを差し上げて、すぐさま実行に移せる人は多くて半分。そして継続できる人は更に減ります。様々なことにご自身で気付き、インプットとアウトプットを実行されています。対話を続けていくにつれて、どんどんアイディアが出てきますね。それを実行して1週間が経ち、更にブラッシュアップしていく。素直で前向きな姿勢に、こちらも前のめりになります。メンターをやる気にさせる方ですから、変わり続けていくと、凄いことになりそうで、ワクワクします。aki.さんがメンターになった時が楽しみです。
井ノ上 裕之

とても素晴らしいメンターさんだと思います。

まず、課題の与え方が的確です。その的確さは経験に裏付けられた人間観察力があるからなのでしょう。そしてその観察力は、次の課題の発見能力になっていると感じられる。最初に与えられた課題に取り組むなかで欠けている部分を察知して明確に言語化して伝えてくれたうえで、さらなる課題を与えてくださる。

まだメンタリングの最中ですが、こうした形でトレーニングを続けていれば、掲げる目標に到達できるに違いにないという自信が持てます。自信を与えていただける。

このようなメンターが公共メンターとして無料で活動されているというのは、奇跡的なことだと思う次第です。

今回のメンタリングのゴールは『喋りによる「伝え方」をマスターし、会話やスピーチではうまく「伝えられない人たち」を、「自由自在に喋りで伝えられる人」になるまでメンタリングできるレベルを目指す』でした。

裕之さんの思考は深い。それを世に出す方法を文字で今迄やってこられました。世の中は動画から音声メディアに移行していますが、社会の「進化」に合わせて、裕之さんも音声メディアへの適応を希望されました。

ここでは「喋ること」に特化したメンタリングで「伝え方」をマスターし、プレゼンのプロになる、つまり「話す」技術の習得です。

いま幾朗は毎日朝3時半から「超早Zoom朝会」でだれでも参加できる音声配信を行っていますが、そこに裕之さんも参加されて、その場で互いに「話す」を磨いています。

日々向上していく裕之さんは、既に完成の域にある「脳内イメージの文字化」技術に加えて、「音声化+プレゼンテーション能力」を、そう時間をかけずに完成させていかれるでしょう。

文字+音声というメディアミクスによる自己表現力の高度化は、今後の活動において強力なツールになるのは間違いありません。実生活においても「伝え方」の技術・技能は無敵のツールとなります。

今回のメンタリングは「話す」系のプレゼンテーション技術ですが、これが完成した暁には、1000人単位のオーディエンスへの「総合プレゼンテーション技術」の獲得へと進まれることをお勧めします。
タマザワ ユウキ

ありがとうございました!

途中、幾郎さんの真意が分からず心のモヤモヤとして
停滞しましたが、その期間含めて全てが良い経験になりました。

感動したのは、議事録に対しての朱書き(フィードバック)です。
これまでご経験されてきた全てを詰め込んで頂いているようで
とっても学びになりました。

頂いた知恵を実践して、血肉とさせていき
本当の意味で生かしていくことが今から楽しみです。

そして、また僕のように必要としている人が現れたら
受け継いでいきたいなと思います。

この度はありがとうございました!

ユウキさんはウエブ会議のファシリテーターとしては飛び抜けた才能をお持ちです。コロナ禍において、これは貴重なこと。多くの人がウエブ会議に慣れていっていますから、需要の高まりは時と共に上がっていくでしょう。発言者の内容を咀嚼して次々に繋げていくやりかたは、よく相手の言葉を聞いて、その奥にある真意を掴まないとできないことですが、それが出来る人はごく僅かです。いまお持ちの「聴く」と「喋る」という二つの才能をブラッシュアップして、活躍の場を広げていかれることをお勧めします。
小暮 ほの香

幾郎さん、いつもありがとうございます!
マイペースな私にはビックリのメンタリング体験でしたが、
本当に多くのことを学ぶことができました。
いつも熱い言葉を投げかけてくださり、
それだけで自信にもなりますし、
幾郎さんとの時間を通じて、私の歩んでいきたい方向が明確になりました。


幾郎さんは、学びたい欲のある方であれば
どんな方でもあたたかく受け入れ、
確実にスキルアップの道へと導いてくれます。
そして、メンティーの想いをしっかりと聴き、受け止め、
寄り添ってくださる方です!!

幾郎さんからの学びは、現代の社会で非常に役立ち、すぐに使えるものです。
働く上で困っていることのある方、幾郎さんに相談してみてはいかがでしょうか?^^

ほの香さんのドキュメント作成能力の高さには舌を巻きました。ほぼ完ぺきなログをテキスト化し、要点を理解してNext Stepを用意できる、正に打てば響く素晴らしさで、こちらの語りもついついヒートアップしました。私のメンタリングで名物といって良いショートスピーチで、ご自身のいま最も関心のあることを数分でプレゼンしていただきましたが、話の奥へ奥へとリスナーを導く点は良かったと思います。私は「メンターは使い倒せ!」と常々申しておりますが、メンターのポテンシャルを引き出し、そこから自分に必要なものを「吸い取っていく」能力は見事でした。ドキュメントメーカーとしてほの香さんはピカイチなので、私のメンタリングの肝である「誰が読んでも分かる議事録」を残し蓄積することで、その中にエッセンスとノウハウを全部入れ込んで「自分のコピー」を作ることで、やっているジョブをその議事録ファイルを後継者にポンと渡すことで手離れ良く次のジョブへ移っていけます。つまり議事録は「仕事マニュアル」になるので、いまある高い日本語能力をさらに磨いて、言葉は悪いですがバカが読んでもすぐ分かるドキュメントを目指し、続けると、数年経って振り返った時に、そのファイルの有用性の高さ(バリューですね)をご自身で実感できるでしょう。2回のセッションは私にとっても学びの時間で、双方でWin&Winになったと嬉しく感じています。お若いのに優れた能力をお持ちで、今後のご活躍が楽しみです。
Yuk

幾朗さんメンタリングを引き受けてくださりありがとうございます。まだ二回しかセッションはしていませんが、すでに私はどうやって自分の鬱と向き合い、彼とのrelationshipを続けていけばいいかわかるようになりました。これまでのセッションで一番心に残っているのは、愛は相手中心(利他の心)、恋は自分中心(利己の心)の考え方です。今までそういったように考えたことがなかったので、大変学びになったとともに、自分のパートナーに対しての行動や想いも変わりました。幾朗さんは本当に人生経験が豊富で、私たちとは違った世界で生きてるくらいのかなと思うくらい、なかなか稀に見る人生経験をお持ちです。人の何倍もの人生を生きておられる方のように感じます。常に人生で起こる1つ1つの事象を自分の中で噛み砕いて学んでいると言う印象を受けました。
幾朗さんはおしゃべり好きな方で、パーソナルな話をたくさんしてくださいます。その中で、あなたも幾朗さんの人生話とあなたの困難をシンクロさせて何か学ぶことができると思います。メンタリングを受けるか迷っている方がいれば、是非幾朗さんと一度お話ししてみてください。受けない手はないと思います。

Yukさんは、もう、会えば男女LGBT問わず、誰もがハグしたくなるステキな女性で、そんなYukさんが悩んでらっしゃる。その根本的な原因は何かな?ということを幾朗メンターはどんどん聞いていきます。そうすると、話しているご本人が、話をすることによって頭の中が整理されていきます。幾朗メンターの役目とやり方は、メンティーさんお一人おひとりで違います。ナマの人間の人生と一緒に向きので、いつもオーダーメイドです。正対してお話しするのではなく、同じ方向を向いてお話しします。そしていつもお伝えしたいと思っているのは、「今悩んでいることは将来必ず役に立つこと」で、先の人生を豊かにしてくれる天からのプレゼント、だから今は逃げずに真摯に自分と向き合って出ない答えを一緒に探してみよう、そのお手伝いをします、という伴走者のポジションでYukさんにはメンタリングしています。そんな会うメンティーさんの個々の状況は全部違うのですが、メンタリングの基本メソッドは変わりません。いわばその基本メソッドの「型」を身に着けると、人生を楽しんで渡り歩く万能ツールになります。それをメンティーご自身で築き上げるお手伝いをするのが幾朗メンターですが、この仕事はとても楽しいことですし、メンティーさんがそれが出来るようになった時、新しいメンターの誕生ですから、これ以上の喜びはありません。Yukさん、今後もよろしくお願いします。
サノアヤ

三河屋さんにお会いできてメンタリングを受けるようになってから、頭がクリアになって心落ち着けて目標に取り組むことができるようになりました。

正解を示してくれたり、行くべき道を示してくれるわけではありません。
自分の中でもやもやしていた「不安」や「問題」について、思考を掘り下げるように質問してくれるので、一回のセッションが終わる頃には「解けそうな問題・取り組めそうな問題」に因数分解されています。
これがとても楽しいです。

ひとりでは解決に至らなかったこと(そしておそらく投げ出してしまうであろうこと)も、
メンターがアドバイスをくれたり助けたりしてくれることで、解決策を考案することができるようになります。

なので、毎回のメンタリングがとても楽しみです。

三河屋さんにお話を聞いてもらうようになってから、
「漠然と悩んでいた時間」を「ゴールを達成するための時間」に変えられるようになりました。
人生において、無駄な時間を圧縮して有意義な時間に使用できるようなるのは、とても大きいことです。

人生の先輩として、社会人の先輩としての助言もあり、その言葉にはとても助けられています。

お会いしてから、私は変わりました。
感謝しています。
ありがとうございます。

kats

直筆でのアドバイスありがとうございます。

厳しさもあり優しさもあり、進んで行く道を
導いて頂いていると実感しました。

まだ指導前の段階ですが、それでも得たものはたくさんあります。

準備が整い次第、再会できることを望んでいます。

度重ね、ありがとうございます。

katsさんは、私が出会ったどのメンティーさんとも違う、ある意味で特殊な方です。ご自身もメンターを目指し、他の方に師従し、研鑽を積まれてきた。その後様々な出来事があり、なぜか私と出会うことになった。しかし、この出会いは偶然の様で、実は必然なのだと思います。ひとつ大きな壁を突き破って、その先にあるより自由な世界への扉を開けようとしているのだと思います。いまは次への準備の時期ですから、それが整うまでお待ちいたします。再会と再開が楽しみです。
島 浩文

幾朗さん、ありがとうございました。受診前は正直「利他っていったいなんだよ!?」と懐疑的でしたが、疑問は一掃されます。このメンターはスーパーサイヤ人です。ニーチェの超人は本で読んでもどうもよく意味がわかりませんが、話しを聞くとそれがなにかわかります。なぜわかるようになるのか?たしかに考え方に自分も似ているところはある気はしますが、根拠の固さレベルの違いを感じました。過ごしている時間の濃さが違うというか、ぶっちゃけ、同じ年齢の人間としてかなり恥ずかしくなるところですが、そうならないとこがまた凄い!もうみんな一度は話しを聞いてもらった方が良いと思います。字を読んでるだけとはまったく違いますから。Zoom中に浮かんで来てて、伝えられなかったことがあります。確かに人生において本当に大切なことは、たいがいいつもタダで教えてもらってる気がします。お金で交換可能な価値はお金ぶんだけですね。ただやはり、”利他”という言葉に私と同じ誤解を抱く人がいる気がします。真意が伝わりにくいというか。その続きはまた次お会いしたときに聞かせて下さい。天命の話しもおもしろかったです。ぬるま湯に少し熱いお湯を加えてみようと思います。

浩文さん、ぬるま湯に既にお気付きで、それを自ら何らかの方法で変えようとお考えなのはお話していて良く分かりました。誕生日が近い浩文さんと私は、ほぼ同じだけの日数を生きてきて、まったく違う「結果」を得ています。その「結果」の良し悪しを語るのは全く意味は無く、結果への過程を楽しむのが「人生」だと思うのです。難しい事を誰にでも分かり易く説明する、これが賢い人のやり方だと学びました。これを実現するのは難しいですが、その難しい事に日々挑むことで自分が向上することも知っています。

最近とんでもない挑戦を始めました。「還暦サブスリープロジェクト」です。フルマラソンを3時間以内で走れる還暦以上の人は、フルマラソン完走者の中で0.0054%という不可能に近い達成率です。そこに挑戦するのは、日々自分を変えよう、目標を達成しようと頑張っていらっしゃるメンティーさんたちと、志を同じにしたいと思ったからです。自分だけが高みにあって口だけ動かすのはフェアーじゃない、そう思ったのです。

「利他の心」これはあまり聞きなれない言葉ですから、ご説明しましょう。敬愛する稲森和夫さんの言葉が分かり易いと思います。

”私たちの心には「自分だけがよければいい」と考える利己の心と、「自分を犠牲にしても他の人を助けよう」とする利他の心があります。利己の心で判断すると、自分のことしか考えていないので、誰の協力も得られません。自分中心ですから視野も狭くなり、間違った判断をしてしまいます。

一方、利他の心で判断すると「人によかれ」という心ですから、まわりの人みんなが協力してくれます。また視野も広くなるので、正しい判断ができるのです。

より良い仕事をしていくためには、自分だけのことを考えて判断するのではなく、まわりの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」に立って判断をすべきです。”
https://www.kyocera.co.jp/inamori/philosophy/words25.html

浩文さんとはこれでご縁が結ばれました。自分の天命に気付く人、見つける人は多くありません。メンティーとなるか否かは別にして、ご自身の天命を早く見つけ、それに向けて日々歩まれますようお祈り申し上げます。